できごと 写真
1991年 8月 1日 12歳
八月といえば夏。夏といえば海とプール。プールについては…この時点では正直なところ、あまり抵抗感はなかった。ただ、わりとぽっちゃり体型だったので胸に脂肪がついていて、それを見られるのが少しだけ恥ずかしかった。その他は男子の裸を見て、すごく興奮するというわけでもないので(今も視覚的な部分では興奮しないな)わりと普通にプールを楽しんだ。海は日焼けすると大変なことになるので(それこそ火傷並みに酷いことになる)あまり遊びには行かなかった。 #   ★ 0
1co 場所:一番近いコンビニまで車で30分
-
2008年 8月 19日 12歳
『中丸くんの楽しい時間』 [1扉 2階 A列 2番] #   ★ 0
mihael 場所:東京グローブ座
-
2008年 8月 5日 12歳
『KAT-TUN LIVE TOUR 2008 QUEEN OF PIRATES』 [41ゲートスタンド 3塁側 8通路 14列 45番] これがコンサート初参戦となる。 #   ★ 0
mihael 場所:東京ドーム
-
1997年 8月 - 12歳
電車で堺市と門真を往復する毎日 #   ★ 0
ma
-
2001年 8月 - 12歳
山中湖キャンプにて虫の多さに号泣する。焼いたマシュマロが美味しくて感動する。沈黙の夜を過ごす。 #   ★ 0
ayawa 場所:山梨
-
1980年 8月 - 12歳
兄貴と三鷹楽器に行き、ヤマハのメタリックレッドのBBを買い、エレクトリックベースを始める。 兄から練習用に渡されたレコードは、スタンリー・クラークのスクールデイズだった。 #   ★ 0
hitc 場所:三鷹市
-
1996年 8月 - 12歳
美術部をやめてクラシックギター部に入ってみる。 #   ★ 0
matsurin0215
-
2006年 8月 13日 12歳
「Pop Up! SMAP 飛びます! トビだす! とびスマ? TOUR」参戦。スタンド後方だったのでマメップ。 #   ★ 0
element 場所:日産スタジアム
-
1997年 8月 - 12歳
初めて作曲をする。デモテープを録り、夏休みの宿題として提出する。Write my first composition "untitled" #   ★ 0
Dot Kota / Melting Pot
-
1960年 8月 - 12歳
従兄の一男と福岡へ #   ★ 0
tejima_m
-
2000年 7月 - 12歳
亀のカールが逃げ出す #   ★ 0
えびかにさそり 場所:赤羽台西小学校
-
2000年 7月 - 12歳
Nさんとかと豊島園とかにいくとかする #   ★ 0
えびかにさそり 場所:赤羽台西小学校
-
1996年 7月 - 12歳
眼鏡をかけ始める #   ★ 0
kaede_
-
1991年 7月 - 12歳
学校に着くまでに30分ほどかかるので、登下校用にカバンの中には常に漫画や小説が二、三冊入っており、友達に貸したりしていた。当時、私の周りでは久米田康治先生(現在“さよなら絶望先生”をマガジンにて連載中)の“ 行け!!南国アイスホッケー部”が流行り、一時期、友達との会話がほとんど下ネタで占められるようになる。まぁ、下ネタと言っても大人になった今からすると可愛らしいモノばかり。だって、あの坊ちゃん刈りのハナタレ小僧が、まさか“あんなこと”や“こんなこと”をするようになるとは。しかし“こんにゃくに切り目”とか“のびたカップブードル”とか…ほんと探究心ってすごいよね。 #   ★ 0
1co 場所:一番近いコンビニまで車で30分
-
1991年 7月 15日 12歳
かなり消極的な理由で入部した剣道部での生活は…7月の時点ですでにかなり激しく後悔していた。当時、小デブだった私には激しい運動をするのが、すでに拷問だったわけだが、それに加えて防具の臭いとかが半端泣く臭いわけで…。そして何より打ちのめされたのが、運動神経が切れているのか全然上達しない、ということ。一緒に入部した女子(未経験)にも一度も勝てないくらい弱かった(試合稽古で泣かされたこともしばしば…って本当に情けないな、私)。と、こんな惨めな状況にもかかわらず、結局のところ卒業するまで剣道部に在籍することになる。(辞めなかった理由の一つが“剣道着をコスプレ感覚で着ていた”と言うのがある。袴ってちょっとスカートっぽいじゃん…) #   ★ 0
1co 場所:一番近いコンビニまで車で30分
-
1991年 7月 31日 12歳
中学生になると、いろいろと深くなってくる。声だってそれまでのハイトーンボイス(ATDIのボーカル並み)で怪鳥ロプロスばりの超音波を出していたとしても、渋く深みのある声に…って、そこまではなっていないか。まぁ、いいや、今回は声変わりの話ではないので。閑話休題、本当にいろいろと深くなってくるわけで、脛毛に腕毛に腋毛(もちろんあそこの毛も)、さらにはギャランドゥ。そう、ギャランドゥ(=へそまわりの毛。ただしデタラメ英語)。脛毛と腕毛が濃くなり、腋毛が生えてきたのは嫌だったけど、まぁ、仕方ない。しかし、ギャランドゥが生えてきた時のショックはかなり大きかった。、私は剃ってしまう中一でギャランドゥは少々早すぎなのでは…このままでは胸毛もぼうぼうになりかねないではないか…と。そう思い悩んだあげく私はギャランドゥを含む全ての毛を剃る暴挙に。その結果“生えては剃る”というスパイラルに陥り、私の“体毛”との終わりなき戦いが始まるのであった。 #   ★ 0
1co 場所:一番近いコンビニまで車で30分
-
2008年 7月 5日 12歳
映画『スピード・レーサー』をチェック。 #   ★ 0
mihael
-
1999年 7月 - 12歳
初めて親元を離れて海外へ。米国西海岸で研修三週間。 #   ★ 0
mute_canary
-
1960年 7月 28日 12歳
8月8日まで名古屋に #   ★ 0
tejima_m 場所:名古屋市
-
1991年 6月 - 12歳
修学旅行。東北一周(松島、仙台、平泉、盛岡) #   ★ 0
keis 場所:宮城・岩手
-
1995年 6月 - 12歳
ひざを壊す。 #   ★ 0
Agano 場所:東京都世田谷区
-
1992年 6月 - 12歳
中学校で、軽いイジメにあう(すぐ終わる) #   ★ 0
いぬ 場所:ちゅうがっこう
-
1992年 6月 - 12歳
サッカーをやっていて人生初の右腕を骨折。実は骨折箇所は今でも時々気になる。 #   ★ 0
yamada 場所:なんとか中学校グラウンド
-
1995年 6月 - 12歳
初めてカワイイカノジョができる。 #   ★ 0
fimpen_
-
1996年 6月 - 12歳
この頃から、ゲームや漫画、アニメにドップリとハマり始める。周りの影響って怖いっ! #   ★ 0
kaede_
-
1996年 6月 - 12歳
ニンテンドウ64が我が家へ。 #   ★ 0
kaede_
-
1991年 6月 - 12歳
私の通っていた中学では、必ず何かの部活に所属しなければいけない学校だった。その頃の私は“運動が大の苦手”だったので(今だって得意ではない)、できることなら運動系はパスしたいところ。そこで文化系の部活を調べてみると“吹奏楽部”“科学部”という二択しかない状況らしいことがわかる。“吹奏楽部”は女の園だったので当時の私ではいささかハードルが高い。と、なると科学部しか残されていないのだが、どうやら“オタクの園”らしいという噂が…。当時すでに隠れアニオタだった私としては(アニメージュを小学5年生の時から購読)問題ないのだが、人の目を気にしてしまい断念。そうなると後は運動系しか残されていないわけで、選択肢としては“軟式テニス”“野球”“陸上”“剣道”の4つ。私は自慢ではないが、ボール扱わしたら右に出る者がいないほど下手(これはボール=自分自身の男性としての大切な丸い物体にたいするメタファー、として無意識下で捉えてしまうため、苦手意識を持ってしまうのが影響しているから…かもしれない)だ。なので“軟式テニス”“野球”はなし。そして、私は走るのも本当に嫌いだった(マラソン大会のたびに仮病使ってサボっていた)。と、なると、もう残っているのは“剣道”しかない。そして、私は意外と「時代劇」が好きだった。と、まぁ、いろいろあって“剣道部”に入部することになる。そのあとの地獄を知っていれば絶対入らなかったであろう“剣道部”に。 #   ★ 0
1co 場所:一番近いコンビニまで車で30分
-
1991年 6月 - 12歳
中学にはバスで通学していた。過疎化しているのでバスは一時間に一本。逃したら確実に遅刻という、かなりスリリングな環境のため、朝はバタバタすることが多く、一度寝癖を直さないで登校したらちびまる子ちゃんに出てくる“藤木くん(http://www.nippon-animation.co.jp/na/maruko/nakama/fujiki/index.htm)”みたいな髪型だったため、一時期あだ名が“フジキ”になったことも。それからはどんなに時間がなくても、寝癖だけは直すようになる。たとえ遅刻したとしても。 #   ★ 0
1co 場所:一番近いコンビニまで車で30分
-
1991年 6月 1日 12歳
六月に入り衣替えで夏服となる。うちの中学は男子はYシャツか開襟シャツ。学ランよりは好きだった。ちまに女子はブラウスにリボンにスカート。夏服がセーラー服じゃないのは非常に残念だ。まぁ、どちらにせよ私は着れないのだが…。余談だが、剣道の夏の地区大会で他校に出向いたとき、そこの女子の夏服がセーラー服で、あまりに可愛かったので凝視していまい、露骨に嫌な顔をされてたことが…あの時の冷たい女子の視線がいまだに忘れられない。いまさら言い訳しても仕方がないのだが、もしその凝視して嫌な顔をさせてしまった女子に伝えたいことがある。「決して君に対してエッチな妄想をしていたわけではないんだよ。その、君が着ているセーラー服が着たかっただけなんだ…」と。…もし、あの時にこの言い訳を口に出して言っていた場合(絶対にありえないけれど)、さらに冷たい視線(虫けらを見るがごとく)を浴びることになっていたと思う。 #   ★ 0
1co 場所:一番近いコンビニまで車で30分
-
1995年 6月 - 12歳
しまかずへの恋を諦める。同じクラスの太田くん(バスケ部)に惚れる。 #   ★ 0
ゆっき
-